-- --/--/--

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sun 02/26/2006

 本日のトランス関連記事・親子編 

と、勝手にコーナーを作ってしまいました(笑)。別に継続する気は無いんだけど、2エントリー連続で記事関係なので、つい・・・。

For lesbian, transgender son brings pride and worry
By Jennifer Meyer
For The Register-Guard

自分は子供はいないからあれなんだけど、なかなか良い話じゃないですか、と思って。別にあっと驚く話だとか、感動するエピソードとか、そういうんじゃなくて、書き手であるMTFを子供に持つレズビアンのお母さんの葛藤が短くまとめられているというだけのものなんだけど。

最後のほうのハリール・ジブラーンの詩、上手いねえ(ただ自分、詩って全然読まないから判断の基準は怪しいと思うんだけど)。これから子供が欲しいと思ってる人達は勿論、自分の子供だからって何をやっても赦されると思っているような世の傲慢な親御さんたちに読んでいただきたいものですな。

リンクが切れたときのために、その詩を引用しとこうっと。

Your children are not your children.

They are the sons and daughters

of Life's longing for itself.

They come through you but not from you,

And though they are with you

They belong not to you

You may give them your love but

not your thoughts,

For they have their own thoughts.

You may house their bodies but

not their souls,

For their souls dwell in the

house of tomorrow,

which you cannot visit,

not even in your dreams
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://p5i.blog58.fc2.com/tb.php/8-7383f6e8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。