-- --/--/--

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sun 01/03/2010

 うぇるかむ、2010年。 

Epic Fetch明けましておめでとうございます。
今年もお世話になります。どうぞ宜しく。
ま、三が日は過ぎてしまいましたが。
でもココ時間で3日夕方だから
ギリギリセーフってことにしとく。

実は大晦日から昨日まで、超久々の高熱(多分10年以上なかった)でダウンしてしまいまして。
特に予定は無かったから、寝てても支障は無かったんだけど、お陰でなんだか年越しの実感が無い・・・。
短期間で何度も飛行機乗ったから、何処かで伝染されたんだと思うが、
新型&季節性インフルエンザは両方1ヶ月以上前に予防接種受けたから、単に酷い風邪かも。

同時に(関連は無し)、うちに1匹猫が増えたんだが、古株2匹が全く受け付けてくれず困ってる。
まあ、10年近く屋内オンリーで一緒に暮らしたお年寄り所帯に、図々しい子猫が入って来たわけだから当然と思って気長に見守るつもりだけどさ、
何しろ子猫に警戒心が欠けてて、ハラハラさせられる。
老猫がすげー剣幕で「シャーーーー!!!」言ってんのに、何故ひょこひょこ寄って行くんだろう。
空気読めよ。
老猫2匹は結構臆病なほうなんで、「Curiosity killed the cat」は本当なんだな、と思いますた。

新猫は、探してたわけじゃなくて、しょーがなく。
近所に野良猫が増えて(抵当に取られた家が多くて、ペットを捨ててっちゃうんだよね)、子猫が産まれちゃって、道路や家の庭を徘徊してたところを、親切な向かいの家の人が保護してくれたんだけど、里親が見つからなくて、これはしょーがないということで、1匹だけ受け入れることになったというわけです。
アニマルコントロールとかシェルターとかに引き取られると、殺される確率高いし、この地域唯一のno-killシェルターはずさん運営のスキャンダルで閉鎖されたし、やはりしょーがない。

まあ、幸い異常にフレンドリーな子猫なので、その点は助かってる。
あとは、はやいうちに古株二匹が何とか受け入れてくれるといいんだけどな。
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。