-- --/--/--

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Fri 06/12/2009

 Thomas Beatie氏(FTM『妊夫』)が第二子を出産 

9日朝に男児を出産してたそーな。

Exclusive: 'Pregnant Man' Gives Birth to Second Child - ABC News

前回同様、今回も自然分娩で、奥さんが授乳するんだって。
おめでとうございました。

ただ、記事によると前回の出産後、出生証明書上の表記で一悶着あったらしい。
オレゴン州の法律では、出産した人が母親となるので、出産直後は病院側のとっさの判断でトーマスさんを母親、奥さんを父親と表記したらしいんだが、その後に単純に二人とも「親」という表記に切り替えたとか。
同性カップルが子供を持つ時にも同様の表記をするらしく、血縁が無い場合は正式に養子縁組みをしなきゃならないらしい。
Beatie夫妻は法的に婚姻していて「父親」と「母親」が揃っているので、そのように表記するよう訴えてるみたいだが、ACLUには断られ、ほかに代理してくれるところを探してるんだそうだ。

パイオニアはいちいち壁に打ち当たって大変だよな・・・。
Labor of Love: The Story of One Man's Extraordinary PregnancyLabor of Love: The Story of One Man's Extraordinary Pregnancy
(2008/11/10)
Thomas Beatie

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://p5i.blog58.fc2.com/tb.php/194-74448bd1

スペインのFTM『妊夫』は流産

Thomas Beatie氏は第二子を無事出産した一方、双子を妊娠していたスペインのFTM Ruben Noe Coronado氏は残念ながら17週目で流産してしまったらしい。 P...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。