-- --/--/--

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tue 07/29/2008

 メ~ガネ、メ・ガ・ネ 

メ~ガネでオ・サ・レ (← 超ローカルねた)。

ちょっと前のエントリーで、免許更新したって書いたけど
あの時、軽い視力検査を受けたんだが、ちょっとおかしかったんだよね。
担当のおばちゃんに「ちゃんとした視力検査を一度受けときな」と言われて、
そうだな、やっとくか・・・と思いつつ、放置すること1ケ月余り。

でも確かにここ数年、視力が悪化してるなあ、という実感があったので
気が向いたから、行ってきた、視力検査。
最後に視力検査受けたのは・・・多分、高校の時?
でも視力検査なんてあったかな。全然記憶に無い。
中学ではあったよな。
まあでも、自分、メガネもコンタクトも使ったことなくて
家族もみんな視力良いから、気にしてなかったんだけどさ。

でもよく考えたら、中学の頃から、片方の目が優勢なのは明らかだった、
気が付くと、強いほうの目だけでモノを見てたりして。


で、今回はショッピングモール内のメガネ屋に併設してる検眼士のオフィスへ。
予約したのに、2時間近く待たされて、ようやく検査開始。

最初に通された部屋では、2つの機械にそれぞれ顎を乗せて
双眼鏡みたいなものの中を覗いて光を見て、
反対側から技師の人が覗いて・・・何か、目の中見てるんだろうな。
何見てんだか知らないけど。

二つ目の機械は、最後に目ん玉めがけて「フッ!」と空気を噴射され
反射的に瞼が閉じると「目、閉じたからもう1回」と。
無理言うね。つーか、最初に目閉じんなって言って。

フォロプター次に通された部屋では、別の技師の人にバトンタッチ。
歯科用の椅子みたいなのに座らされ、何だか大仰な器材を覗かされる。
Phoropter(フォロプター)っていうらしい。 (写真→)
最初は片目ずつ、数メートル先の鏡に映った表を読めるところだけ読む。
次にレンズをカチャカチャと換えながら、どれが一番見やすいか。

結果: 乱視、らしい。

乱視って、隔膜が完璧な円じゃなく、楕円形であることが原因で
殆どの人が生まれ持ってるんだってさ。
ぼくの場合も、生まれつきだったんだろうけど、
比較的軽いし、自動的に調整できてたんじゃないか、と。
それが、年齢と共に上手くいかなくなってきたんじゃないか、と。

つまり、老化っすか・・・。

「メガネ、必要ですか」と訊いたら、「はい」と即返。
四六時中掛けるんじゃなくて、主にTVや映画を観る時や、運転の時に、と。
UVをちゃんと遮断するサングラスも買っておいたほうが良いと言われた。
初めてのメガネだし、最初のうちはかなり違和感があるだろうけど、
メガネかけて色々やってるうちに慣れるから大丈夫、だってさ。

老化を示唆され、ややショックながら(いい加減、年齢わきまえろ)、
お代金払って、退散。
全額自費で、$89。
医療費、いちいち高いなあ・・・。

でも、こういう本格的な視力検査は初めてで、
「視力悪い人達は、こんなことやってんだ~」
と、自分の知らない世界をまた一つ知ったような新鮮な気分に。
ええ、スリルの無い生活してますので。


普段の生活ではあんまり気にならないから、やや半信半疑だったんだけど
まあ、やや弊害も出てるので、試しに作ってみたよ、メガネ。

(しかし、後でネットで調べてみると、ぼくの処方箋はかなり軽いらしいので、
メガネ要るかどうか、ボーダーラインじゃない??)

それにしても・・・高いねえ、メガネ。
サングラスとプレーンので、10万いったよ。
あ、でも、一番安いフレーム選べば、そんなにしなかったんだ、ごめん。
でも、どうせ買うなら、買う価値があるのを買いたかったんだよね・・・。
あとで見たら、サングラスはイタリア製、プレーンはベルギー製でした。
大切に使いたいと思います。
クリーニング用品も完備しました。


で、2日くらい着用してるんだけど、う~ん・・・

微妙。

TVは、確かに裸眼よりもかなり鮮明になった。
コンピューター画面は、あんまり違いが分からないなあ。
本はまだあんまり試してないんだけど、
横書きだと左に戻る時に行をよく見失いがちなので
それが改善したら嬉しいなあ。
サングラスは、わりと快調。

しかし、この、目と目の間に何か(=ノーズパッド)触ってる、って感覚、
イヤなもんですね。きもちわるい。
それに、鼻がよく脂ぎってるのと、
典型的アジア人鼻=ブリッジが殆ど無いに等しいので、
どうしても、
メガネが、
ずり落ちてくる・・・。

そして、初日、メガネかけたまま横になって
早速フレームが曲がった orz

慣れんのかなあ、コレ。
慣れるといいなあ。
慣れなかったら、10万ムダだよなあ。


ところで、目に関する専門家って、ややこしい。
やや、ややこしい。

Optician = 眼鏡士
・・・処方箋を元にメガネやコンタクトを合わせてくれる。

Optometrist = 検眼士
・・・視力検査をして、レンズの処方箋書いてくれる。

Ophthalmologist = 眼科医
・・・目の病気を治療してくれる。

以上。
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。