-- --/--/--

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Wed 09/26/2007

 iPod が便器にイン 

解体nanoしたんですよ、こないだ orz

まあ、まだ用足し前のキレイな水だったから
とっさに手を突っ込んで引き揚げたんだけど。
で、素早く水を拭き取って、反射的に電源をON。
点いたことは点いたんだけど、クリック・ホイールが反応無し。
ネットで「iPod toilet」で検索したら、水の中に落とした時の対処法が色々出てきた。
とにかく水をよく切って、ケースを開けて中まで完全に乾かせ、と。
そして、完全に乾くまでは絶対に電源をONにしてはいけませんぬ!と・・・。
も、もうやっちまっただよ・・・。

で、Apple Storeに持ってったら(Genius Barって予約制なのね)、
既に保障期間は過ぎてるし、
そもそもアクシデントは保障されてないから修理は有料だよ、と言われる。
それに、これって既に2モデル前だから同じのに交換も無理だし。

どうせ保障が無いなら、開けて乾かすだけ乾かしてみよ~、と解体したのが、上の写真。
中身は結構ちゃっちいなあ、これで$200かあ・・・なんて思いながら、2日くらい乾かしてみた。

RESTOREまあ、結論から言うと、どうやら再起不能。
写真(右)にあるように、iTunesに繋いでリストアーしてみても
ひたすら「リストアーが必要」エラーを繰り返すだけで。

でも出たばっかの第3世代nanoはヘボいしなあ・・・と躊躇してたんだけど、
大金払って直してもらうにはもう古いし
まあ古いのをリサイクルすると新しいのが10%オフになるらしいから、
ということで、観念して新しいnanoを購入。
あ~あ、気に入ってたのになあ、初代nano・・・。

iPod nano 3Gでも、新nano、実際使ってみると見た目より悪くないよ。
形がちょっと正方形に近くて手の中に納まりにくいんだけど
画面が大きいからメニューがスプリットスクリーンになってて使いやすい。
反応も前のより早いしねえ。
ただ、二世代目までと形が全然違うからか
ケースなどのアクセサリーの生産が追いついてないみたい。
今手に入る「ケース」は、Appleが出してるこれまたヘボいアームバンドだけ。
ま、それも結局買ったんだけど、安っぽいし使いにくい。

教訓: iPodを水に落としたら、乾くまで電源を入れてはいけない。

・・・まあ、入れてなくても既にブッ壊れてたのかも知れないけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。