-- --/--/--

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Mon 03/20/2006

 プリプリのトリビュート・アルバムを聴く。 

小~中学生の時、プリプリ全盛期で、実はぼくもファンでした・・・。Yahoo!ニュースにトリビュートアルバムが出たって載ってたので、ちょっと気になり、早速DL。

14プリンセス ~Princess Princess Children~ (Yahoo!ミュージック)

プリプリも今聴くとちょっとハズカシイような曲が沢山あるんだろうけど、カバーは流石にいろいろ現代的にアレンジされてますな。しかし、気になったのは参加歌手数人の歌唱力。特に最初と最後の曲歌ってる人達・・・これでいいのか??プリプリのVo.だった奥居(今は何だっけ?)香さんは、ほら、歌上手いじゃん、だから余計に気になるというものです。

玉置成美の『19 Growing Up』はオーバープロデュース&歌が下手なのを誤魔化すような歌唱スタイルが好きになれませぬ。しかも ♪ グローインエーップ ♪ って何よ・・・。どうせ発音悪いんだから、素直に「アップ」って言えばいいじゃないの。高田梢枝の『Seven Years After』は冒頭からまるでやる気無し(わざとこういうスタイルなの?さらっと歌うのとやる気無いのは違うんじゃないのか?)。そして、コーラス部があまりにも酷い!聴いててめっちゃ辛い。素人のカラオケじゃないんだかららさあ・・・。2曲目の北出菜奈も、かなり辛い。何で声震えてんのさ?この人達、自分で曲書く人達なのかしら。だったらまだ許されるけど・・・。そういや、プリプリの曲って演奏が結構難しいのが多いって聞いたけど、そうなのかな~。

あとさー、プリプリの曲って、歌詞ちょっとギャルっぽいっていうかなんつーか、まあ'80年代なわけだけど、Vo.がラスピーな声質でスタイルも爽やか系でちょっとアグレッシブな感じだったから聴けたのに、可愛らしいアレンジされちゃうと、ちょっと辛い(『M』のカバー)・・・。まあ個人的なテイストの問題でしょーが。

『懐かし~』と思ってDLしたは良いけど、ちょっと脱力させられるのが多くて残念。まあ、プリプリの曲を使ってあんまり売れてない歌手のプロモーションというのが目的だったんだろうから、仕方ないか。ま、そもそも金払って買ったワケじゃないから、文句言う筋合いもあんまり無いんだけどね。
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。