-- --/--/--

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Thu 05/31/2007

 新種の猫! 

Asheravia FARK

Lifestyle Petsっていう会社が、新種の猫を販売開始だって。
猫種名はAshera(アシェラ?)っていうらしい。→ギャラリー

他の猫との違いは、そのサイズ。
30パウンド(16キロ超)くらいに育つんだってさ~。
普通の猫はせいぜい4~8キロくらいらしいから、相当デカい。
第一印象は「小さい豹?」って感じらしいよ。
写真で見ると、顔つきもそんな感じだね。
犬みたいにリーシュ付けて散歩できるとか何とか。

でもさ~、値段が、何と$22,000!
本日の為替レートで約270万円!!
飼い猫ごときに!!!(失礼、猫。)
しかも、注文から実際に受け取るまでの待ち時間が9~12ヶ月。
そんで$6,000払うと、待ち時間は4~6ヶ月に短縮だって。
何なの、一体?

猫アレルギーにならない猫が$6,000(本日の為替レートで73万円)ってのも馬鹿馬鹿しいと思ったが、これはどーよ。
まあ、ミニチュア豹でも買うくらいの気持ちなら、あんまり高くないのかなぁ。
アレルギーにならない猫は、見た目はフツーの猫だし。
Asheraは、もう猫じゃない気がする・・・。

ところでこの会社、すんごく小さい犬も開発中なんだってさ。
やれやれ。

新種の巨デカ猫のギャラリーは、こちら
スポンサーサイト

コメント

お国柄の違いを感じます(^^)

企業がペットの開発って、日本人の感性に合わない気がします。
ペットは個人が育てたものが市場に出回ると言う感じで、ブリーダーとか言いますけど、個人がプロの育成者みたいになってますよね。わが国は。
企業が特許取って、ペットの新種の開発したら、わが国では動物保護団体から、総すかん喰らいそうです・・・

新種の猫は、確かに豹か虎ですね。
我が家には飼いたくないわ・・・

資本主義?

アメリカでもブリーダーは通常個人なんじゃないかと思いますが、新種となるとやはり企業レベルの資金が必要になるのかも知れませんね。でも200万超の飼い猫となると余程の金持ち(しかも猫好きで浪費家?)しか買えませんから、投資としてはどーなんでしょ。

この巨猫、あんまり猫らしい可愛い気は無いですよねえ。
ギャラリーを見た相方は「顔がアホっぽい」と言ってました。
家にいたらいたで面白そうなので、タダだったら一匹欲しいところです(笑)。

すんごく小さい犬、じゃなくてアレルギーになり難い犬、ですね。

まゆさん

コメントありがとうございます。
でもこのエントリーを書いた5月の時点ではリンク先のページに「very small dog」とあったんですよ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://p5i.blog58.fc2.com/tb.php/116-1423374b

12月ですな。

いやいや、今年も早かった(あと1ヶ月あるだろ)。 毎年11月の最終木曜日は感謝祭(Thanksgiving)で、 それが終わると12月25日までアメリカはク...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。