-- --/--/--

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Wed 07/19/2006

 引越し・2日前 

今日はコンテナが届いたのだが、置き場にちょっと苦労した。家の前の通りはこっち側が駐車禁止になってるので、向かいの家の前に置いてもらったら、そこの住人(若作りの40代~と思われる女性)が出てきて「何これ?信じられない!わたしNYに行くから今うち人を泊めてるのに、これじゃあ不便だわ!だめだめ、こんなのダメ!」と超ビアッチ。人を泊めてるのと家の前の道路が一部確保されてるのと、一体どーゆー関係があるのか。大体おめーは道路を所有してんのか、このババァ!と言いたくなったが、そこは堪えて「んなこと言われてもこっち側は駐車禁止だし・・・」と言うと「あ、その標識、全部フェイクだから。そこのオヤジ(隣家の住人、変わり者)が'90年代に勝手に立てたの。あたしあいつが立ててるの見たんだから。誓ってもいい」だって。マジかよ・・・。しょーがないから、結局こっち側の「駐車禁止」の標識の前にドデンと置いてしまったんだが、これで罰金なんて取られたらどーしてくれるんでしょうね。コンテナ会社の運転手さんにはフォークリフトでコンテナをあっち向けたりこっちに向けたりさせてしまって申し訳無かったが、なかなか気長で親切な人だったので救われた。これでこの人までビアッチだったらやってらんねー。

大体さあ、コンテナは相方の名前でオーダーしてたのに、奴はこの一部始終の間グーグー寝とぼけてやがるし。勝手に受け取りのサインしたけど、明らかに申込者の名前と違う(笑)。しかも!やっと起きたと思ったら「友達とビデオゲームしにいく」と言うではないか!!信じられん・・・。まあ荷造りに関しても相方は途方も無いブキッチョで常識というものが無いからぼくが一人でやったほうが早いし気が楽なのは確かだけど、気分的な問題で、もう2日しか無いしやることいっぱいあるのに、ぼく1人を残してゲーム?!本当に非常識極まりない。信じられん。「大丈夫、心配しないで。帰ったら手伝うから」って、心配とかそーゆー問題じゃないんだよ、アホ!

ほんでさー、仕方ないから1人で積み込みを始めたよ。しかし本当にクソ暑い。ゲロりたくなるほど暑い。汗ダラダラで水もガボガボ飲んだけど、30分ほどで挫折。気温を見たら40度。どうりで気持ち悪くなるわけだよ・・・。そんで今、クーラーのきいた部屋で休憩中というわけです。日が沈んでくれるとちょっとはマシになるんだが、そうすると今度は蚊が・・・。またそろそろ戻りますかね。
スポンサーサイト
Tue 07/04/2006

 独立記念日か・・・ 

非・米国民としては全然感慨も何も無いんだけど。でもまあ殆どのアメリカ人にとっても独立記念日はパーティーとかバーベキューとかする口実に過ぎないんじゃないの(笑)。それはMLKの誕生日だろうがMemorial Dayだろうが同じことだが。バーベキューに命かけてるお父さんたち、いるみたいですねえ。巨大な屋外用グリルなんかに憧れたりして。よく判りません。4th of Julyと言えば各地でよく花火なんかやるんだけどさ、日本の花火大会みたいなのを期待してると、かなりガッカリするんだよね・・・。ああでもあんまり最近は見てないから、もしかしたら年々派手になってきてるかも知れない。

そう、明日(火曜日)が独立記念日なんだけど、その事をすっかり忘れてて、スーパーに行ったら大混雑!しかもすぐ手前の道路で車3台玉突き事故起こして軽く渋滞してるし・・・。ぼく、人込みとか渋滞とか嫌いなんだよね(好きな人っているのか?)。みなさん、もしや土曜日から4連休?ああ、何だか疲れた。ああ、でもねえ、一番酷いのはクリスマス前と感謝祭前よりはマシ。

くどいようだけど近々州外へ引っ越すので、荷物を減らすべく奮闘中なのだが、昨日クローゼットを整理してたら奥から潰れたダンボール箱が出てきて、中に渡米当初日本から持参した英和・和英辞書が。何故か日本で買った英英も。すっかり存在を忘れていたわけだけど、もう全然使わないので、近くの古本屋に売ることに。Star Wars Trilogyのサントラボックスセットと合わせて$16。まあそんなに悪くは無い。ぼくの前にいた人なんか、古本30冊くらいで$6とか言われてショック受けてたし(笑)。

それにしても、外国の本なんかどーやって値段つけるのかと思ってたら、どうやらデータベースのような、照会する『何か』があるらしい。その古本屋にも日本の本がちょっと置いてあるんだけど(だから自分の本も売れるんだと判ったわけだが)『ビリヤード』とか『地球の歩き方・インド』とか、「何故・・・」と思うようなものが結構ありますな。シリーズ物の漫画なんかで3巻だけ、5巻だけ、なんてのは困りますねえ。

さてと、また荷造りに戻りますかね・・・。
Sat 07/01/2006

 早起き生活がダウンしておりますね。 

早起き生活、何だかずーっとダウンしてるねえ。まあ別に困ることじゃないんだけどさ。

全然規則的に早起きしてないんだけど、思ったより記録は続いているなあ、一応。ブログにも組み込んだから(左下)「記録しなきゃ」と思うのかも。

あ、忘れないように・・・今日の起床時刻は7時45分。
Sat 07/01/2006

 獣医 

いや~ん、また置いてけぼり食わされちゃったわよ~。

・・・というのは冗談。いや、置いてけぼりは本当だけど、別にイヤじゃないんです(笑)。

元々独りになる時間ってのが必要な人間だし(つーか、不要な人間なんているのか?)。特に1BRのアパートに二人暮しで片方は家から仕事、もう片方は無職じゃあねえ、息苦しくなって当然ですものね~。

そうそう、猫を二匹ですねえ、獣医に連れてったんだ。家猫なもんで、あんまり色んな刺激に慣れ親しんでないし、カゴも嫌いで、もー大暴れ。ちょっと落ち着いたと思うと、この世の終わりかと思うような声で喚き始めるし。

小さい方の猫なんて、診察室で助手が捕まえようとしたら逃げ回って、窓から飛び出そうとしたもんね。しかも、ダダッと助走して華麗な脱走を試みビヨ~ンと飛び跳ねたはいいけど、あいにくその窓とはガラスの壁でねえ、ベチッとカッチョ悪くガラスに激突してズルズルッと落ち、あえなく取り押さえられた。彼女はその後、これをもう1回繰り返し、学習能力の無さを披露・・・。

思ってみれば、うちには網戸や何かが張ってない透明な窓ってのが無いから、慣れてなかったのかもねえ。いやあ、パニックってて気の毒だったけど、見てるほうは爆笑だったよ。

助手/ナースにそれぞれ3~4本の予防接種してもらって、健診のために獣医を待ってたんだけど、ぼくは白衣かスクラブを着た医者(獣医)らしい人を想像してたんだよね。でも、ノックしてドシドシと入ってきた人は、ジーンズにチェック柄のフランネルシャツに野球帽という出で立ちの、髭面で恰幅の良いおっさん。獣医というよりランバージャック、ペットよりも家畜を診てる方が似合ってそうな・・・。

声もデカイし、いやあ豪快だねえ。ぼくの猫を診ながら「ビューティフォー」を繰り返し、まあ勿論悪い気はしないけど、そこまで大袈裟だと鵜呑みにして良いものかどうか・・・。特に「ん~、二匹ともキレイな歯だ!」というのは信用ならんなあ。一度も磨いたこと無いんだぞ。

つーか、こんなに疑り深い患者・・・じゃなくて患畜の飼い主、イヤですね。勿論、「え~」とか「うっそ~」とか言いませんでしたよ、ええ。「あ、そうですか。それは良かった」くらいにとどめておきました(笑)。

それにしても獣医さんというのは動物好きの暗い人じゃあ勤まらんなあ、と改めて思ったね。やはりクライアントは人間だし、ペットを子供の様に扱う人も多いから、話しやすくて相手を安心させられるような人じゃないとペットの獣医は商売うまく行かないだろうなあ。この獣医さんは人当たりがとても良かったよ。健診後もペラペラと雑談してったしねえ。・・・あ~、これだから予約してったのに結構待たされたのか!

しかし、「がはははは!」と笑いながらぶっとい手で肩をバシーン!と何度か叩かれたのはコタえましたよ(笑)・・・。

予防接種、健診、ウ〇コの検査を終えて、長旅用に鎮静剤(acepromazine)を貰った。いやあ、もう今回は鎮静剤の必要性を痛感しましたからねえ、これさえあれば本番は大丈夫ですよ!・・・と思ってたんだけど、その後ネットで調べたら、猫の場合はこの薬、あんまり効かないこともあるとか。しかもコーフンが酷いと薬の作用も突き破ってパニクることも可能(?)なんだって~。う~む、ちょっと不安・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。