-- --/--/--

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Wed 05/31/2006

 運転は疲れる 

一日であんなに運転したのは久しぶりだ~。昨日はCIS(移民局)と日本総領事館をハシゴして、合計467マイル(750㌔超)運転。しかも前日の午後7時半から一睡もしてなかったので、帰路でウトウトしそうになって、超あぶねぇ・・・。ピクニックエリアに入って一睡しようかと思ったけど、結局しなかった。いやあ、長距離トラックの運転手にはなれないなあ、と思ったねえ。

総領事館で新しいパスポートを受け取ったんだけど、何、この分厚さ・・・。「ICチップ」だか何だかが入った厚紙が真ん中に仕込んであるんだよねえ。そんで「曲げるな、折るな、落とすな、高温多湿状態に放置するな」そして「精密電子機器と同様に扱え」・・・って、おい、重要なIDなんだから丈夫に作れよ!!しかも「ICチップが壊れても正常に使えます」って、じゃあ何のために・・・。

でもねえ(?)、昨日は帰りにIKEAに行ってきたよ、初めて。思ったより良さそうだねえ、IKEAの安い家具。キッチン(キャビネット)があまりにも安いのでどんなんだと思ってたけど、結構マトモだし。しかしカフェでラザニアとサンドイッチとケーキを注文して食い過ぎた・・・。だからあんなに眠くなったのかなあ。サンドイッチの海老が海老らしくなかったのがちょっと気持ち悪かった。歯ごたえゼロなの。何処から持ってきたんだろ・・・。それにしてもラザニアとサンドイッチという組み合わせが自分でもよく判らない。

道沿いにStarbucksでもあればダブルエスプレッソで睡魔と闘おうと思ってたんだけど、田舎道に「エスプレッソ~」なんてあるわきゃない。しかし本当に見事に何にも無いんだよなあ、アメリカ南部の都市間って・・・。走ってる間、所々で部分的な大雨があって面白かったな。本当に部分的なんだもんねえ。いきなり始まって前触れも無く終わるという。お陰で車がちょっとキレイに(普段が鳥の糞まみれなもので)。

そんで帰ってきて20時間爆睡・・・いや、4時間入ったところで腹が減って起きたんだけど、また寝て結局20時間・・・。ああ何やってんだ自分。寝すぎて何だかキモチワルイ(贅沢者)。
スポンサーサイト
Wed 05/31/2006

 BBSのアクセス制限(+私信) 

なんか最近BBSにいらん宣伝が多いので、投稿者のIPにアクセス制限かけてるんだけど、もしかしたらマトモな投稿したい人のIPとダブってるかも知れない・・・。

なので、「拒否された!!」という場合はメールいただけるとありがたいです。ご迷惑おかけします。

[私信]r****@docomo.ne.jpからテストステロンジェル&パッチについて質問メールをくれた方へ:2度目のメールがバウンスされてしまいます。別のメアドがあれば教えてください。
Sat 05/20/2006

 小学2年生の子 

の話、結構大きくニュースで取り上げられてるので、ぼくの耳(目)にも入ってきました。何となく何か言わなきゃいけない気分にさせられたので、エントリー(笑)。

英語のメディアにもちょっと取り上げられてるみたい。だけど、この話の本人についてはごく短い説明のみで、あとは日本のGIDの現状についての要約、という感じで、GIDについて知らない人にとってはちょっと誤解を招くかも知れない。実際、FARK.comにも載ったけど、やっぱり親が悪いだとか行き過ぎだとか、「GID?またそんなものを勝手に作って・・・」みたいなことを言ってる人も多い。但しその多くは「遺伝子が性別を決める」という考えに固執してTS/TGについて殆ど知識が無いくせに物知り顔で意見を述べているだけだけど。アメリカ人にすっごくありがち(他人のこと言えた分際か?笑)。当事者や理解者のメンバーが一生懸命説明しようとしてるけど、少なくとも言葉だけでは判らない人にはやっぱり判らないみたい。

Yahoo!Japanで毎日新聞の記事を読む限り、どうも典型的なGIDの子って感じだよね。この子の両親や学校の対応は、かなり評価すべきじゃないかと個人的には思うねえ。「混乱しているだけかも知れないのに、親がそれを助長するようなことをしていいのか」みたいなことを言う人もいるけどさ、記事を読む限りでは本人は全然「混乱」してないみたいだし、だからこそ医師の診断も下りたんだろうし。むしろ体の性をムリヤリ押し付けることが本人の混乱を招いて後々のトラウマになる、というのがGIDのデフィニションみたいなものなのに、その辺が非当事者で見識の無い人には判りにくいのかも知れない。まあいずれにせよ、この子はまだ7歳でホルモンやら手術やら、ということはまだ視界に無いんだから、何も大騒ぎするようなことじゃない気はしますな。

個人的には、特に小さい子なんだから本人が幸せと感じることが一番大事だと思うし、多分親御さんもそれを考えての決断だったんだろうね。一昔前だったら相談を受けた専門家も「好きにさせてあげては」とは言わなかっただろうから、これはTS/TGにとって明らかな進歩でしょう。何処の誰だか知らないが(あ、『何処』は判ってるのか。神戸だっけ?)思春期に差し掛かるこれからが大変だろうけど、頑張れ~!
Sat 05/20/2006

 不調 

いやあ、頭痛が痛い(この言い回し、中学時代に一部で何故か流行った・・・)。しかも右肩寝違えて首が回らない。む~、不快である。それにしてもどーして頭痛薬って効かないのかなあ。効果って3~4時間も待たなきゃいけないものじゃないよねえ?日本ではナ〇ンエース飲んでたけど効かなかったし。こっちではアスピリン(Bayerその他)、アセトアミノフェン(Tylenolその他)、イブプロフェン(Advilその他)、ナプロキセン(Aleveその他)、などなど、買っては飲んでみたけど効かないのはどれも同じ。それでも気休めにどれか飲むんだけどね・・・。今も1時間ほど前にアスピリン飲んだし。誰か効く薬おせーて。
Thu 05/18/2006

 乾燥/改装 

砂漠の街から帰ってきました。いやあ、毎度の事ながら乾燥度がチガウね。鼻の粘膜が乾燥しちゃって、2日目から軽い鼻血。と言っても「鼻血ブー」じゃなくて、鼻かんだり鼻の穴にティッシュー詰めたり(汚ねー)すると、もれなく血が。帰ってきても続いてるし・・・。

今回の旅は娯楽じゃなくて、家探し。何とかそれなりの物件を見つけたので、どうやらそのうち引っ越すことになりそーですが、その問題の家がねえ・・・。築19年ほどなのだが、安っぽいの何のって。どうやら塗装以外は一度たりとも改装・改築などはしてない模様。少なくともキッチンとバスルーム(X 2.5)はどうにかしないとやってらんない、個人的に。相方はものすご~く基準が低い人間だから別に気にならないらしく、あんまり大幅なリモデリングには乗り気じゃない(それよりも一刻も早く引っ越したいらしい)んだけど、2人で住む以上、2人ともハッピーでないとね、ということで、しぶしぶ承知。

しかし改装って言ってもどっからどーやって手を付けたら良いのやら。センスが良くてアイディアいっぱいの人ならいろいろ楽しんでプランを立てるんだろうけど、ぼくは優柔不断だしセンスはせいぜい人並みだしインテリアデザインやら建築やらの知識はゼロだし、超安っぽいちっこい家なのにもう既に放棄したい気分・・・。予算に上限が無いならオシャレ~なロフト風なんていいじゃな~い?なんて思うんだけど、そういうインテリアに決まって使われてるステンレスとか木とかガラスとかタイルとかって異常に高額。ついでにシンクやトイレやバスタブや蛇口もオシャレであればあるほど高額。ああ、どーしよ・・・。
Wed 05/10/2006

 トイレ直った 

おかげさまでトイレは無事修理され、近代的なバスルーム生活に戻りました。それにしても、やはり専門業者は仕事が上手い!その素早さに思わず「早い!」と言ったら「(この道)30年、いや、32年」と言われた。流石ですな。結局、パーツが長すぎた所為でした。それは判ってたんだが、またHome Depotまで戻って商品交換してもらうの面倒だったし・・・。どーせ借家なので家賃に修理費も含まれてますから。なら何で最初から呼ばないのか、というと、足が臭いからです。いや、ぼくのじゃなくて、plumberの。うちは土足禁止なので、訪問者には玄関で靴を脱いでもらうのだが、この人はお足のほうもその道32年という感じでねえ・・・。なので今回は土足で上がってもらった。まあバスルームは玄関のすぐ隣で床はリノリウムだし。

修理してもらった日にコレコレが届く。いや、トイレ壊れる前にBuy.comでオーダーしてあったんだけど、送料無料オプションを選んだので時間が掛かったのね。読んでるだけでも結構ためになるねえ。特に家を買ったら役に立ちそう。電気系とか配管とかは自分では絶対ムリでしょうけど。

トイレと言えば、最近Kohlerからオシャレ?な便器が出てるね。Purist Hatboxだって。でも30万以上する。たかが便器に30万・・・。
Sun 05/07/2006

 すんません 

日記みたいにこつこつと継続するのが超苦手で、すんません・・・。

最近プーにしては忙しい実生活を送ってたため、それに感けてHP&ブログが放ったらかし。でもねえ、言うことも無いのに毎日エントリーしようとすると、こういう誰も読みたくないような内容になっちゃうでしょ、どーせ。でもブログなんてものは所詮自己満足の世界だから別にそれでもいーのかな。結局何が言いたいんだ自分・・・。

トイレがねえ、壊れてしまって、ここ数日間バケツで流しております・・・。自分で修理を試みたんだけど、どうやらパーツを間違った(というか、これしか無かったよ?)らしく、元々は単にタンク内の水が止まらなかっただけなのに、『修理後』はタンク下部から水が大噴出という悲惨なことに・・・。馬鹿丸出し。結局大家さんに電話してplumberを紹介してもらったんだが、何しろ週末にぶつかっちゃったもんで、仕方なくバケツ・・・。ああ、この本「欲しいかも・・・」と思った時に買っときゃ良かったなあ。でもこの本、著者の1人が何故かGeorge Tenetの嫁・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。